冠婚葬祭

同僚の結婚式マナー完全ガイド:恥をかかないポイントやエチケット

あなたの大切な同僚の結婚式に出席する際、どのようなマナーが必要でしょうか?
心温まる素敵な思い出を作るために、押さえておきたいポイントを詳しく解説していきます!
あなたの同僚の結婚式を素敵な思い出として彩るために、是非参考にしてくださいね!

1. 恥をかきたくない!結婚式マナーの5つの秘訣

結婚式は特別な日であり、適切なマナーを心得ることが重要です。
初めて参加をする方でもわかりやすいように、5つの秘訣を詳しく解説していきます。

1-1. ドレスコードに適した装いを心掛ける
結婚式の招待状にはドレスコードが記載されていることがあります。
正装やカジュアルなど、指定されたドレスコードに適した服装を心掛けましょう。
ただし、無理な服装や高価な衣装を購入する必要はありません。
自分のスタイルに合った、控えめで上品な服装を選ぶことが大切です。

・結婚式はすごく華やかな舞台。あなたの服装は、その舞台で輝く主役の一員です。
誇張しすぎず、でも地味すぎない程度の華やかなスタイルを紹介します。
【ここにドレスコードのサイトリンクをはる】

1-2. 遅刻を避けるために余裕を持った行動をする
結婚式の日程は厳密に決められていますので、遅刻は避けたいところです。
会場の場所や交通手段を事前に調べ、余裕を持った行動を心掛けましょう。
特に公共交通機関を利用する場合は、混雑や遅延に備えて早めに出発することをおすすめします。

1-3. ウェルカムボードやゲストブックにメッセージを残す
結婚式会場にはウェルカムボードやゲストブックが用意されることがあります。
新郎新婦に対する祝福のメッセージや、思い出話などを書き込むことで、二人の特別な日に参加したことを示す記念になります。
文字が苦手でも、心を込めた簡単なメッセージを残しましょう。

・事前にメッセージを書くこともありますが、当日に式場で書くことも多くあります。
そんな時に慌てないように、シチュエーションにあわせた例文を下記でチェック
【ここに、自分でつくるシチュエーション記事に飛ばす】

1-4. 余興やスピーチに対して適切なリアクションを示す
結婚式では余興やスピーチが行われることがよくあります。
スピーチをしている人に対しては、興味を持ちながら笑顔で聞く姿勢を見せましょう。
また、冗談やジョークが飛び交うこともあるので、笑いのタイミングに合わせて適切なリアクションを示すことも重要です。

・結婚式は愛と感動で溢れる空間です。スピーチや余興は、そこに花を添える素敵な演出
なので、笑顔や拍手で応援しましょう。

1-5. お礼の言葉を忘れずに伝える
結婚式の最後には、新郎新婦からゲストへのお礼の言葉が述べられることが一般的です。
この時にはお礼の言葉をしっかりと受け止め、笑顔で返答しましょう。
素直な感謝の気持ちを伝えることが、新郎新婦にとっても素敵なプレゼントになります。

・感謝の言葉を伝えることで、新郎新婦とゲストの絆がさらに深まります。

2. 同僚の結婚式に出席する前に知っておきたい5つのエチケット

結婚式への参加は、招待を受けた時から始まっています。当日までに押さえておきたい5つのエチケットについて詳しく解説をします。

2-1. 招待状や参加表明に迅速に対応する
招待状が届いたら、迅速に出席の可否を返信しましょう。
特に出席できない場合でも、遠慮なく丁寧に辞退の意向を伝えることが重要です。
新郎新婦はゲストの出席人数を把握したいため、早めの返信は大変助かります。

・できるだけ早い回答を心がけましょう。心温まる言葉を添えると完璧です。

2-2. ご祝儀の準備
ご祝儀のお札は、新札を用意しましょう。いざ新札を用意するとなると、銀行の窓口が開いている時間に行けないなど、時間の融通がきかないですよね。銀行に立ち寄ることがあれば、このような時に備えて無理のない範囲で準備をする事をおすすめしますが、同僚も困っているはずなので、銀行に行くタイミングが合えば頼るなどのコミュニケーションで解決できるかもしれません!
またご祝儀袋や、余裕があればご祝儀袋を包む袱紗(ふくさ)を準備すると完璧です!

・ご祝儀の適切な金額については、こちらの記事でチェック
【ここに、自分でつくる適切な祝儀金額記事に飛ばす】

2-3.必要最小限の小物を準備 ハンカチやティッシュ
普段持ち歩かない人でも、結婚式には絶対に持っていきたいアイテムです。料理をこぼした時や、感動して涙するときに、みっともない印象を与えてしまいます。
またハンカチのデザインも、無地で明るい色のものを選び、しっかりアイロンをかけていければベストです。

2-4.荷物は小さなバックに収まる程度に
男性・女性を問わず、あまり大きなバックは好ましくありません。
男性は手ぶらが基本とされてますが、ポケットにいろいろと詰め込むと、見た目も良くないので、持ち手のないクラッチバックがおすすめです。
女性もドレスコードにあった、小さめのバックを準備しましょう!

・ドレスコード同様、小物でも差をつけよう!
【ここに小物のサイトリンクをはる】

2-5. 会場のマナーを把握しておく
結婚式の会場によって、設備やルールが異なる場合があります。
スマートフォンの使用や喫煙場所など、会場内のマナーについて
事前に確認しておきましょう。

また会場が教会や神社である場合は、宗教的な行事に対する理解も大切です。

3. 式典中のマナーや振る舞い

結婚式が進むにつれての、立ち振る舞いやマナーにも注意が必要です。
ここではテーブルマナーなどの、細かなマナーには触れず、同僚の結婚式で必要最低限の立ち振る舞いやマナーについて解説します。

3-1. 飲酒には適度な節度を持つ
結婚式での飲酒は楽しいひとときですが、適度な節度を持つことが大切です。
職場の人たちと一緒に楽しむ場合でも、無理な飲酒は避けましょう。意図せずに不快な印象を与えないように気を付けましょう。

・飲酒は楽しむ手段のひとつではありますが、目的ではありません。
楽しいひとときを心に刻むためにも、適度な節度を守りましょう。

3-2. カメラやスマートフォンの適切な使い方を心掛ける
結婚式の撮影は楽しい瞬間ですが、適切なタイミングでの撮影が大切です。
式中やスピーチ中には他のゲストに配慮しての使用や、電話がかかってきた際は、席を外し会場外での対応を心がけましょう。
また、必要以上に撮影に没頭することなく、目の前の感動を心ゆくまで楽しむことが大切です。

・素敵な思い出の記録は、心に刻むことも大切です。

3-3. 上司や同僚との距離感に注意する
結婚式はプライベートなイベントですが、職場の上司や同僚と出席する場合、ビジネスとプライベートのバランスを考慮する必要があります。
親しい同僚であれば歓談も楽しいですが、上司との距離を保ちつつ、相手にとって快適な空間を作ることが大切です。

・お酒も入り煌びやかな空間ではありますが、上司や同僚との距離感を間違えないよう
自分の立ち位置をしっかりと把握しましょう。

3-4. 他のゲストとのコミュニケーションを大切にする
同僚の結婚式には、取引先の関係者や、同僚の昔からの友人など、新しい人との出会いの場でもあります。
自己紹介や軽い会話を通じて、他のゲストとのコミュニケーションを取り素敵な空間を作りながら、新しいつながりを築いていきましょう。

・良い交流の場所として、新しい友情の芽を育てましょう。

■まとめ

この記事は、職場の人の結婚式に出席する際に役立つ結婚式のマナーガイドです。
大切な同僚の晴れ舞台に水を差さないように、各ポイントを解説してきました。
今後の人生を共にする同僚を全力で祝い、さらに絆を深めるポイントにもなり
また、新たな出会いの場にもなる大切で素敵な時間を楽しんでください!!